クレジットカードの審査の2ch落ちるを徹底検証

クレジットカードはTVCMしている所は

買い物の支払い時に現金の持ち合わせがないことがわかったときやネットショッピングなど利用する場面のどんどん増えてきているクレジットカードですが新社会人の方などはまだ所持していないことがあります。

最近では、ライブなどで電子チケットが採用されることも増え、クレカ払いのみ対応なんていうこともあります。

そんな時に、クレカを所持していない方は諦めてしまうこともありますがカード会社を選べば即日発行も可能なことがあります。

イオンカードやアコムなどの消費者金融系のカード会社の場合、WEBで申し込み手続きをして結果が通知されます。

審査に通っていれば店頭でその日のうちに受け取れます。

社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとして多いのがクレジットカードだと言われています。

なるべくなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちからクレカ決済を使ってクレジットヒストリーが積み上がる利点が大きいからです。

クレヒスが良いとローンを組む際の審査で有利になります。

逆にカード決済でトラブルが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく水道料金や最近多くなっている携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

よくTVCMなどで見るクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどのカード会社でしょうか?大半の人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っているのは事実です。

クレカが欲しいと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査で重要なのは申し込み時に入力した年収などの情報と申込者が以前借りていたクレジットなどの信用取引履歴です。

普段あまり書かない勤務先の情報などをうっかり入力ミスしても虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性があるので気をつけてください。

家事手伝いと専業主婦、働いていないので収入が入ってこないのは同じですが、クレジットカードを作る時には大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いを記載した場合はほとんどのカード会社で審査に通らないと考えていいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社次第ですが審査に通ることがあります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在が大きいです。

夫が正社員として働いていて継続して安定した収入が見込めれば返済も問題ないだろうと判断できるためです。

作ってもあまり利用しないということもあるためカードを新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

最近ではクレジットカード払い限定のチケット販売があるので申し込んだら審査落ちしてしまったけど原因がわからないという話を聞きます。

落ちる原因として多いのが信用情報にキズがあることです。

例えば、以前借りていたローンの返済が滞ってしまった、水道料金などの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものはしっかり返済していないとクレカを発行した後の利用で引き落とし日に口座にお金が入っていない可能性があると思われてしまうからです。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

最近、イベントなどの電子チケットなどでクレカ支払いのみなどクレジットカード支払いのみ対応などクレカが必要な時が増えてきました。

普段からクレカを利用している方はいいのですが持っていない場合は各カード会社に申し込んで発行しなければいけません。

初めてクレカを発行する場合、気になるのが審査がどうなっているのか、厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と金融業界でクレジットヒストリーと呼ばれる信用情報です。

収入面はローンできる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は滞納せずに返済してもらえるのかを見ています。

クレジットカード新社会人でも作れる

買い物をしようと思っても現金の持ち合わせがないときやネットショッピングなど利用する場面の増えているクレジットカードですが新社会人の方などはまだ持っていないこともあります。

最近では、ライブなどで電子チケットが採用されることも増え、先行抽選時はクレカ払いのみなんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない場合、諦めてしまうこともありますが即日発行できるカードも存在しています。

主に、イオンカードや消費者金融系のカード会社です。

審査結果がその日のうちにわかります。

審査に合格していれば店頭でその日のうちに発行できます。

最近、イベントなどの電子チケットなどでクレカ支払いのみなどクレジットカードが必要な時が増えてきました。

現在、クレカを持っている方は問題ないですが持っていない場合はカード会社に申し込んで発行する必要があります。

初めてカードを作る場合、気になるのが審査がどう行われているのか、厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、継続して安定した収入があるのかという部分と金融業界でクレジットヒストリーと呼ばれる信用情報です。

収入面はローンできる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを見ています。

クレジットカードをまだ持っていない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでいないという人もいるようです。

契約社員やアルバイトではカードが作れないというカードが作れないという話の影響も多少ありそうです。

結論から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。

では、非正規雇用待遇でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、申込者が年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報にトラブルが発生していないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客層があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方で30代以上の方向けと言うように設定されています。

最近ではクレジットカード払い限定のチケット販売があるので必需品化しているので申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

この場合、落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていた他のローンの返済を滞納してしまった、公共料金やローンの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものをしっかり払えていないとクレカを発行した後の利用で引き落とし日に口座にお金が入っていない可能性があると思われてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが理由の場合です。

特に学生や社会人なりたての人はクレカなどの知識が少ないことも多いので気をつけましょう。

クレジットカードについて周囲の人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた経験のある人とない人がいます。

中には、カードを作る際に電話確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に電話のないカード会社というものは原則としてなく連絡の可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴としては、最短30分などスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、申込者が多くすべての申し込みに対して、人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

機械審査のため、電話が来る可能性が少ないと言われています。

大きい買い物をする際やネットでの買い物など色々な場面で便利になるクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いと思います。

まだカードを作っていない人にとって申し込み時に不安を感じるのは審査基準がどうなっているのかわからず審査に落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

信用情報とは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はクレヒスを記録している機関に情報照会をして過去に未納などの門題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンを組むときなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。