他社借入OK?クレジットカードの審査に落ちる

クレジットカードで大きな買い物しよう

就活が終わり社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる人も多いです。

できれば大学生のうちに持つべきという人もいるくらいです。

どうしてかというと、早いうちからクレカ決済を利用して返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレヒスが良いとローンを組む際の審査で有利になります。

逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くとクレヒスが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく公共料金や最近多くなっている携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

大きい買い物をする際やネットでの買い物など色々な場面で便利になるクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ持っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって不安なのはカード会社の審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのが信用情報です。

クレジットヒストリーとは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルが発生していないかを確認しています。

住宅ローンなどでも信用情報は重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

クレジットカードについて調査していると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを払っていてもクレカは発行できるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行機関で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは別になっていて関係ないと思っている人もいますが両方とも信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを問題なく返済できていれば逆にプラスに捉えられることもあるくらいです。

滞納せずにローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの他の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意などで公共料金の払い忘れることなどです。

ネットショッピングをするのにクレジットカード払いのみの場合があるなど申し込んだら審査落ちしてしまったけど原因がわからないという話を聞きます。

落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていた他のローンの返済を滞納してしまった、公共料金の支払いをうっかり忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものは期日通りに払えていないとクレカを発行した後に使った際に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあると判断されてしまうからです。

また、ここ最近で増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に学生や社会人なりたての人はクレカなどの知識が少ないことも多いので気をつけましょう。

最近では、電子チケットの活用など様々な場面で利用するクレジットカードですが、申し込みをするのに必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必要なのは免許証などの本人確認書類です。

申込者が学生の場合は学生証のコピーなども本人確認書類として提出が認められます。

他には、利用料金を引き落とすための口座と発行したカードを受け取るための住所が必要です。

口座振替依頼書を利用して口座を登録する場合は、金融機関に登録した銀行印が必要になります。

買い物をするときに便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行できると書いている人を見かけます。

結論から言うと審査なしでカード発行はできません。

申し込み時に必ずカード会社側で審査をします。

なぜ審査をするかというとカード会社からすると支払いを建て替えたけどお金が返ってこないということを避けたいからです。

そのため、申し込みが入ると申込者の年収からいくらまで貸せるか、前に公共料金などの返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人が引っかかるポイントで多いのが携帯料金の未払いです。

そのため、公共料金や携帯料金の支払いに気をつけましょう。

クレジットカード比較情報

クレジットカードを申し込んだ際にカード会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入を確認しているのでしょうか。

実は審査の時に見ているのは収入だけではないんです。

全国の企業ひとつひとつの年収の平均を把握しているはずがないので当然ですね。

そのため、どんな方向から年収情報を見ているのかというと年収もこのくらいだろうという予測データを過去の申込者から作り、そのデータと照らし合わせて怪しい部分がないか見ています。

そのデータと比較した時に変な部分がないかを見ています。

そのため、よほど怪しくなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きく、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

大きい買い物をする際やネットでの買い物、電子チケットなど使う場面の増えてきたクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いと思います。

まだカードを作っていない人にとって不安なのは審査基準がどうなっているのかわからず審査に落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、今までのローンなどの支払いのことです。

審査の際にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルを起こしていないかを確認しています。

住宅ローンを組むときなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

家事手伝いと専業主婦、働いていないのでクレジットカードを作る際などに大きな違いが出てきます。

職業欄に家事手伝いと書いた場合はほぼどのカード会社でも審査に通らないと考えていいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社次第ですが審査に通ることがあります。

なぜかというと主婦の場合は養ってくれる夫の存在があるからです。

正社員として継続して安定した収入がある夫がいれば返済も行われるだろうと判断できるためです。

作ってもあまり使わないということもあるため新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

周りの人にあまり知られたくない内容ってありますよね。

例えば、ローンを組むことやクレジットカードを作ることなどです。

そのため、クレカを作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を質問されるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に連絡があるのかを調べてみたところ、カードを作った300人に対してアンケートを行った結果、約2割の人が電話がかかってきたという調査が見つかりました。

なので、絶対に連絡がこないカード会社はないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低い場合もあります。

スピード審査をウリにしているカード会社は低くなっていると考えられます。

PCなどの高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?多くの方はクレジットカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

クレジットカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

便利な反面、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを発行しないとクレカ払い以外しか利用できません。

ここでは、初めてカードを発行するときについて説明します。

申し込みをするには買い物先で申し込む方法や手軽に行えるネットでの申し込みがあります。

申し込みでは年収などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

結果がわかる期間は即日というところも多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

ローンなどのお金関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を入力する欄がありますよね。

審査でどんな意味を持つのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴などの信用情報のように重要な項目が他にあり、確認方法がない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報・誤った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

その場合、古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら嘘の情報がすぐにバレてしまうことになます。